医学部生の生活を学ぶ

寮がある医学部予備校に通うメリット

寮がある医学部予備校に通うメリット 寮がある医学部予備校に通うメリットには、身の回りの生活のことに気を遣わずに勉強に集中できるというところにあります。医学部を受験するために予備校に通うという人は多いですが、自分でアパートなどを借りると自炊しなければいけないなど身の回りのことに時間を取られてしまいます。自炊に慣れていない人はそれが大きな負担になることもありますし、栄養バランスが偏ってしまうこともあります。
予備校の寮では3食付いてくることが多いので、栄養バランスの良い食生活を送ることができます。また、生活リズムも整いやすいので、規則正しい生活を送れるというメリットもあります。同じ予備校に通う人が大勢いいることで刺激になり、自分も頑張ろうというモチベーションも維持しやすくなります。予備校生同士で交流が生まれることも多いですし、競争意識も働いてそれが大きな経験になることも多くあります。自分でアパートを借りるよりも費用が安く済むのも魅力です。

医学部受験のために寮生活を送るデメリット

医学部受験のために寮生活を送るデメリット 医学部を受験する際、集中できる環境に身を置くために予備校の寮に入ることを選ぶ人もいるでしょう。勉強を中心とした生活リズムが整い、集中して医学部受験に必要な勉強に取り組むことができますが、そこにはデメリットもあります。
勉強第一の空気の中、管理された生活を送るということは、人によってはかなりのプレッシャーになってしまいます。寮に入ることで勉強の効率が上がるかどうかは、受験生の性格によって変わってくると言えます。また複数の予備校と提携しているところもあるため、他の予備校の生徒と一緒に生活するということになると、医学部を目指す予備校生にとっては集中しづらい環境になってしまう可能性があります。自分が通う予備校が管理しているところを選んだ方が、第一志望の大学に合格するための勉強に集中できる環境になるはずです。しかしまずは、徹底的な管理のもとで勉強することが自分にとってデメリットにならないかどうかをよく考えることが必要です。